乳がんの心配はないのか?

MENU

ハニーココを飲んで乳がんにならない?

ハニーココ

 

バストアップのサプリであるハニーココはプエラリアを主成分とする総合的な美容サプリでもあります。

 

多様な成分を配合していることから身体への作用も様々ですが、主成分のプエラリアには女性ホルモンと同様の作用を持つ植物エストロゲンが豊富に含まれています。

 

ハニーココには副作用がないと言われていますが、気にかけておかなければならない病気があるのも事実です。

 

乳がんは女性ホルモンであるエストロゲンのレベルが高い状態が維持されると発症しやすくなることが知られています。

 

ハニーココによって植物エストロゲンであるイソフラボンの摂取を続けていくと乳がんのリスクが高まる可能性は否定できません。

 

実際に植物エストロゲンによって乳がんのリスクが高まるかどうかについての検証結果があるわけではないため、ハニーココを摂取して問題がないかどうかについての臨床的な見解を用意するのは現状としては不可能です。

 

しかし、エストロゲンと同様の作用を身体にもたらすことから、乳がんのリスクを高める副作用がある可能性は考慮するに越したことはありません。

 

しかし、あくまでエストロゲンによるリスクの上昇は高いエストロゲンレベルを維持してしまった場合に起こるとされているものです。

 

ハニーココは健康食品としての位置づけを受けて安全性の高い範囲での使用を求めています。

 

そのため、推奨されている用量以下での使用をしていく限りは副作用についての懸念を持つ必要はありません。

 

医療に用いられるエストロゲン製剤に比べるとわずかな量であるため、ハニーココを長期的に摂取しても乳がんのリスクが顕著に高まる可能性は低いのです。

 

しかし、バストアップを実現しようと過剰に摂取し続けてしまうと乳がんのリスクを高める副作用が生じてしまう危険性があります。

 

あくまで推奨されているように正しく使用していれば安全であるという理解をして、用量を守ってハニーココを摂取するように心がけましょう。