ツボ押しでバストアップ

MENU

リンパの流れを良くして老廃物を取り除くことで、バストに栄養がしっかり届く

ハニーココ

 

バストアップの方法としてツボ押しが活用できます。

 

バストアップを実現するために必要なのは乳腺と脂肪組織を十分に発達させることであり、そのために必要な要素を満たせるようにできるのが特徴です。

 

乳腺や脂肪組織の成長に欠かせないのが女性ホルモンであり、エストロゲンとプロゲステロンの量を増やす刺激を与える必要があります。

 

また、女性ホルモンをバストに行き届かせると共に、栄養補給と老廃物の除去を行えるように血液やリンパ液の循環を良好な状態にすると効果的です。

 

これらを実現するツボ押しの方法があります。

 

一つ目は壇中と呼ばれる胸にあるツボです。

 

胸のちょうど中央にあるのが特徴であり、左右のバストトップの中点辺りに存在しています。両方の胸を手のひらで押さえながら、親指で胸に対して垂直に力を加えていきましょう。

 

ゆっくりと押してゆっくりと力を抜く動作を繰り返すことで穏やかな刺激を与えるのがポイントです。壇中は精神をリラックスさせて自律神経系を整える効果があり、女性ホルモンの分泌を促せます。

 

二つ目は天渓と呼ばれる脇の下のやや下側にあるツボです。壇中と同様にバストトップとほぼ同じ高さにあるのが特徴であり、両手の親指をバストトップから両脇に向かってなぞっていって、胸と胸板の境界を探しましょう。

 

その位置にあるのが天渓です。

 

両脇から押し上げるようにゆっくりと押すのがポイントであり、胸を開く動作を兼ねて胸の筋肉も鍛えることができてバストアップにつながります。これも乳腺への刺激を介して女性ホルモンの分泌を促進する効果があるツボです。

 

バストアップに必要な血液やリンパ液の循環を良くするためのツボが三つ目の乳根です。

 

バストトップから人差し指と中指の二本分くらい下にあるのが乳根であり、主にリンパ液の循環に関わります。

 

ゆっくりと押し下げ、力を抜く動作を繰り返すのが良い方法です。女性ホルモンの分泌作用もあるため、バストアップに適しているでしょう。