ヒアルロン注射で豊胸することに対してのリスクについて

MENU

ヒアルロン酸注射後にしこりができるケースがある

ハニーココ

 

美容外科では色々な施術法で、豊胸手術を行っています。

 

ただ、豊胸手術と聞くと体にメスを入れるというイメージから、興味はあってもなかなか施術までには至らないという方も、多いのではないでしょうか。

 

確かにメスを使う施術法もありますが、中には注射器のみでバストアップ出来る施術もあります。

 

ヒアルロン酸注射による豊胸手術で、メスを体に入れないという安心感・手軽さから人気です。

 

弾力性のあるヒアルロン酸を注射器で、バストに注入するだけの簡単な施術を行います。

 

施術にかかる時間も、わずか10分程度です。

 

もちろん、メスを使わないので体に傷跡が残るという心配もありません。

 

手軽に受けられるヒアルロン酸注射ですが、ただリスクがゼロという事は無いので、この点は注意する必要があります。

 

ヒアルロン酸注射を受ける事で起こるリスクとして、考えられるのがバストのしこりです。

 

ヒアルロン酸は元々、体内に存在している成分なので注射器で注入しても、約1年程度で吸収されてしまいます。

 

ですが、中にはヒアルロン酸が溶けず、しこりとして残ってしまうケースがあるのです。

 

しこりがある事で、乳がん検査を行った時に検査を邪魔してしまう恐れもあります。

 

また、1年程度でヒアルロン酸が体に吸収され、元のバストサイズに戻ってしまうので、バストサイズをキープする為には、頻繁に施術を行わなければいけません。

 

1年に1回というペースで施術を受け続けると、しこりが出来るリスクも高まるでしょう。

 

しこりだけでなく、皮膚がデコボコとなる・バストが固くなるといった症状を起こす場合もあります。

 

この他に、ヒアルロン酸注射で注意したいのが感染症です。

 

施術中や施術後に、細菌などが入り込み痛みや腫れが出るケースが考えられます。

 

メスを使わない豊胸手術という事もあり、ヒアルロン酸注射によるバストアップは、若い世代から主婦の方と幅広い年代の女性に人気です。

 

ですが、このようなリスクが起こるという事は、忘れないようにしましょう。