乳腺を発達させる重要性について

MENU

バストの構造を知ることからはじまる

ハニーココ

バストを大きくしたいと考えたらその理論をある程度知っておくと良いでしょう。

 

バストを大きくするために何が必要かをわかっていれば総合的にアプローチしていけるからです。

 

バストアップを目指す際に知っておかなければならないのは、乳腺を発達させることが肝である点でしょう。

 

バストの大半は脂肪組織によってできているため、食事から脂肪をしっかりと摂る必要があります。

 

しかし、ただ脂肪をとっていてもバストだけに脂肪組織が定着してくれるわけではなく、全身に脂肪がついて肥満になってしまうでしょう。

 

肥満になってしまわないようにしつつバストアップをするためには、バストの残りの組織に注目するのが重要であり、乳腺組織が最も大切な役割を果たす点に着目しましょう。

 

バストは9割は脂肪組織ですが、残りの1割は乳腺組織によって構成されているのが特徴です。

 

乳腺組織は母乳を作って分泌するための組織として欠かせません。

 

しかし、その役割は母乳に関わるものだけではなく、脂肪組織の定着にも関与しています。

 

脂肪組織が育つための基軸となるのが特徴であり、その後にしっかりと脂肪組織を定着させる役割もになっているのです。

 

そのため、バストアップを行う上ではまずは乳腺を発達させて中心軸を作り上げることが肝になります。

 

乳腺組織を発達させるためには女性ホルモンの一つであるプロゲステロンの作用が必要であり、プロゲステロンの分泌を促したり、プロゲステロンの作用を持っている成分を摂取したりするのが効果的です。

 

 

一方、もう一つの女性ホルモンであるエストロゲンは脂肪組織の定着を促すため、エストロゲン作用を持つ成分も摂取するとより高い効果が期待できます。

 

バストアップを目指す上ではこの二つの女性ホルモンを増やすのが基本的な考えとなるでしょう。

 

その上で十分な栄養がとれていれば基軸をしっかりと作り上げて、脂肪も定着させることができ、バストアップを実現することにつながるのです。