母乳をあげるからバストが垂れるのか

MENU

赤ちゃんに母乳を与えるとバストは垂れる?

ハニーココ

 

産後にバストが垂れるのを経験する人が多く、特に母乳育児を行うとその傾向が強いと感じる場合があります。

 

母乳を与えることによってバストが垂れるという印象を受けて、赤ちゃんが生まれてからすぐに粉ミルクで育てようとする人も少なくありません。

 

しかし、母乳をあげるのがバストが垂れる直接の原因にはなっていないのが事実です。

 

バストが垂れてしまう原因は女性ホルモンレベルの影響を受けています。妊娠中や授乳中には女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンのレベルが通常時の十倍以上に高くなり、身体が妊娠中や授乳中に適した状態になるように働きかけるのです。

 

エストロゲンやプロゲステロンには乳腺の発達や、その周囲への脂肪組織の構築を促す作用があります。

 

そのため、妊娠中や授乳中ににはバストが大きくなっている場合が多くなるのです。

 

しかし、時期が過ぎると自然に女性ホルモンレベルが低下してこれらのホルモンの影響が生じにくくなります。

 

乳腺の発達や脂肪組織の定着によってバストがそれまで大きかったのが元に戻ってしまうと、伸びてしまった皮膚に対して中身が小さくなってしまうでしょう。

 

これが垂れた状態を作り出してしまう原因となるのです。

 

つまり、妊娠をすると女性ホルモンレベルが高い状態に保たれてしまうのがバストが垂れてしまう最も大きな要因です。

 

ただし、母乳を与えることによってプロゲステロンのレベルが上がりやすくなるため、母乳育児の影響を受けてバストの垂れてしまう度合いが大きくなってしまう可能性は全く無いわけではありません。

 

最も影響が大きいのは妊娠中に大きくなってしまうことであるため、この時期に皮膚が伸びきってしまわないようにするのが良い対策です。
ブラジャーを時期に合わせて買い替えていき、できるだけ皮膚が伸びないように心がけると母乳をあげても垂れる心配が減ります。

 

産後も適切な大きさのブラジャーを選んでいくと皮膚のたるみを防いで良い形を保つことができるでしょう。