肩甲骨ストレッチとバストアップ効果の関係

MENU

肩甲骨周りの筋肉を柔らかくするとどうしてバストアップ効果があるのか

ハニーココ

胸の小ささを悩む日本人女性が多いですが、その小ささを隠すようにする姿勢により、よりバストを小さくしてしまっている可能性があります。そのような方には、肩甲骨ストレッチにより胸を開くことで、バストアップ効果を得ることができるでしょう。

 

肩甲骨は肩の下のあたりにある骨で、胸を張った姿勢を背中から見たとき、天使の羽のように見える部分のことです。

 

胴体の骨とはつながっておらず、首や肩、胸などの筋肉とつながっており、浮いた状態のままそれらの筋肉の動きをつなげている骨です。

 

そのため、肩甲骨とつながる胸の筋肉は、肩甲骨の状態に大きく左右されると考えられます。

 

胸を開いたり閉じたいるすだけの肩甲骨ストレッチでも、バストの位置は変わってきます。

 

適切なストレッチを行えば、首や肩の凝りが少しずつほぐれ、肩甲骨本来の動きができるようになり、正しい姿勢を保ちやすくなります。

 

胸を隠すような前かがみな姿勢がまねくトップの位置の垂れ下がりは、肩甲骨ストレッチにより正しい姿勢をとることができれば、トップの位置も上がり、美しいバストの形成とバストアップにつながるでしょう。

 

また、ストレッチにより胸を支える筋肉を鍛えることにより、背中からしっかりとバストを支え、バストの垂れを防止する効果が得られます。

 

また、背骨と肩甲骨のあいだにはバストアップに効果のあるツボがあります。

 

肩甲骨ストレッチにより、そのツボが刺激されバストアップ効果が高まるとも考えられています。

 

肩甲骨ストレッチの効果は、バストアップだけではありません。

 

胸を開いたり閉じだするだけで、体がポカポカするのがわかるでしょう。

 

肩甲骨につながる首や肩、胸、背中の大きな筋肉を動かすことになるため、血流やリンパの流れを良くすることができるのです。

 

それにより、肩こりの解消や血行促進につながるでしょう。

 

また、大きな筋肉を動かすことで、エネルギーの消費を高め、ダイエット効果も期待することができます。